ページトップへ

スタッフブログ

「木のにおいい」で気持ちよくなるのはなぜ?

 

 

 

森林の中に入るととても気持ちがリラックスしてすがすがしい気持ちにな

りますよね。

また無垢材をふんだんに使われた家に入ると同じく「木の香り」でとて

もリラックスします。

 

この「木の香り」が人間の精神にとても有効な働きをしていると言われて

います。

 

これって何なんでしょう?

 

 

 

正解は「フィトンチッド」!!

 

 

 

この「フィトンチッド」という物質が樹木から発散されているからだと言わ

れています。

 

「フィトン」と「チッド」の合成語で「フィトン」は「植物」「チッド」

は「殺す」という意味です。植物は動いて外敵から逃げることができない

ので、これを追い払う作用を持つ物質を自らつくり出し分泌しています。

これがフィトンチッドです。

 

フィトンチッドが人間に快適な環境を作るのは、森林に漂う希薄なフィト

ンチッドが人体に薬として作用し、交感神経の興奮を抑えて副交感神経を

活発化させ、気分を安らいだ状態にするからなのです。

 

なおフィトンチッドの主な目的は次のようなものです。

 

1.忌避(きひ)物質・・・・・・樹木に害を及ぼす虫などを追い払う。

2.摂食阻害物質・・・・・・・・虫などに葉や幹を食べられないようにする。

3.抗菌・抗カビ物質・・・・・・カビや細菌を寄せつけない。

4.植物成長抑制物質・・・・・・別の植物が周りにはびこらないようにする。

 

少しむずかしい話になってきましが、このようにして木材は虫やカビなど

から身を守り、人間にとってはいわゆる「癒し」の効果を与えているんですね。

 

イシケンの「無垢の家」

下妻に実際に建つ施工例です。

   

  

 

もっと詳しく!!

石倉綜合建設の施工事例はこちらへ(●^o^●)/

 

手刻み・無垢材のことならおまかせ下さい!!

新築・リフォームご相談ください。

茨城県下妻市 自然素材で健康家族 ㈱石倉綜合建設 

   

記事一覧 | 2015年6月

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /

1ページ (全3ページ中)