ページトップへ

イシケンがズバリお答え!Q&A広場

Q.無垢材はどうして乾燥させる必要があるの?

Q、無垢材はどうして乾燥させる必要があるの?

A:無垢材ならではの反り、狂い、割れ、収縮をなくすためです。

十分に乾燥させて材料の自然な狂いを発生させ、実際に使うときには再度狂い取りをする為、実際に使用するには3年ほど自然乾燥させる必要があります。

そうする事でより丈夫で長持ちする構造体が組みあがります。

イシケンが自信をもってお客様におススメしている、天井の化粧の梁や大黒柱を最高な状態でお客様にお渡しできるようにするには、長い時間をかけて準備する必要があるのです(^^♪

 


 

イシケンの「無垢の家」実際に下妻の地に建つ施工例です。

   

 

  

 

石倉綜合建設の施工事例はこちらへ

 


 

手刻み・無垢材のことならおまかせ下さい!!

新築・リフォームご相談ください。

茨城県下妻市 自然素材で健康家族 ㈱石倉綜合建設

  

SNSもぜひチェックしてください

Facebookページはこちら

Instagramはこちら

イシケンがズバリお答え!Q&A広場